車椅子用電動昇降機があれば不便さを0にした生活ができる

介護情報ネット

設置場所

診察

この車椅子用電動昇降機ですが、昔は長いスロープが設置されていた病院、またはその室内に設置されることが多かったのです。他にも、体の不自由な人が入院している介護施設にも多くありました。
外から中へ、中から中への移動だけでなく、何か災害があったときに円滑な避難が可能となるように、車椅子用電動昇降機を屋上へ繋げているような施設もあります。
少し前まで車椅子用電動昇降機という装置はコレ自体が非常に効果であり、大掛かりな設置工事が必要で広い場所も確保しなければいけませんでした。
そのために、病院や介護施設のような大きな場所でなければ使えなかったのです。しかし、車椅子用電動昇降機も進化し、現在では個人宅の小さな玄関に設置することが出来るようなものも登場しています。

人通りが多い駅にも、車椅子用電動昇降機を省スペースで設置できるようになっていますし、使わない間も邪魔にならないように設計されています。ですから、健常者にとっても障害を抱えている人にとっても利用しやすい空間を作ることが出来るようになっているわけなのです。
玄関から入れない場合には、この車椅子用電動昇降機を庭から繋げて裏口や広めの勝手口のような場所から入ることが出来るようにしている場合もあります。設置を希望している家の事情を把握した上で、車椅子用電動昇降機の設置を行ってくれます。
これがあるとないとではまったく介護や生活の大変さが違いますし、何かあった場合でもすぐさま対応することが出来るのです。

↑ PAGE TOP